業務効率UPにおすすめな法人携帯の導入

業務効率UPにおすすめな法人携帯の導入

会社で進捗状況の報告や情報共有に多くの時間がかかっていると、これらの業務を手早く済ませる方法を探している場合も多いでしょう。業務効率化を進めるためには、場所に関係なく情報共有ができる便利な仕組みの導入が求められます。

そこで注目されているのが、企業への法人携帯の導入です。法人契約をしてスマートフォンや携帯電話が使えるようになれば、実際に業務効率UPにつながる様々なメリットがあるからです。今回はそんな法人携帯のおすすめ情報について解説します。

目次

1.通信コストを削減できるメリットがある

通信コストを削減できるメリットがある
社内の業務にまだ個人の携帯電話を利用している場合は、法人携帯を導入することによって通信コストが大幅に削減するというメリットが見込めます

法人契約が可能な各キャリアでは、一般向けの契約と比べて通話料金が割安になるプランが揃っているからです。社員同士の連絡はもちろん、取引先への電話など、ビジネス通話は多くの場面で不可欠。その通話料を抑えることは、最終的にはコストの削減に繋がるはずです。

さらに、通常は携帯電話を利用するとポイントが貯まります。法人携帯の契約を結べば、毎月の電話使用料に対して発生するポイントを会社が集約できます。ある程度ポイントが貯まったら、携帯電話用のアイテムと交換できるなど色々なメリットも。

また、法人携帯を既に会社に導入している場合でも、法人携帯のプランを定期的に見直しすることが通信費削減に繋がります。一度法人携帯の契約をしてしまうと導入したプランを利用し続けてしまう場合も多いですが、会社の業務や状況は日々変わっていくものです。

各キャリア間の競争も進んでいる中で、お得に利用できるプランが続々と登場しています。会社の現状と今利用している契約内容が合っていないなら、プランを見直してみて下さい。適切な内容のプランに切り替えることが、コストの軽減にもおすすめです。

2.内線電話の感覚で利用できるので業務効率UP

内線電話の感覚で利用できるので業務効率UP
法人携帯を利用すると、実際に使用する社員にとってもメリットが生じます

携帯電話の法人契約を結ぶ上で、大きな特徴として挙げられるのが、内線電話の感覚で利用できること。もちろん、社内ネットワークを使用できるためビジネス通話や通信には余計な通信費がかかりません。

会社にかかってくる外線をスマートフォンに転送する作業も簡単。受付担当者が外部電話を取り次ぐ負担が軽減し、取り次ぎ担当者の業務効率もUPします
その他に、個人用の携帯電話では使用できない便利なアプリを活用できる点も、おすすめできるポイントの一つ。データ通信量を心配せずに使えますし、業務に欠かせない情報をいつでも迅速に調べることができます。外出先にいても社内の資料を閲覧したり、グループウェアを使った情報共有も簡単に行えます。

さらに、セキュリティに関するオプションサービスが各キャリアから提供されているため、法人携帯はセキュリティも安心。例えば携帯電話を誤って紛失しても、管理者が遠隔操作で端末をロックしたり、データの削除などが可能です。法人携帯を社員に支給すれば、利用および保管方法についての社内規定が整備されることでリスクマネジメントの管理にも大きく貢献するでしょう。

3.法人携帯を利用すれば経理処理も簡素化

法人携帯を利用すれば経理処理も簡素化
会社の業務に個人の携帯電話を使用していたり、部署ごとに異なるキャリアの携帯電話を利用している場合もあるでしょう。しかし、このケースでは個別に請求内容を確認する必要があるので、月々の清算に多くの時間がかかってしまいます。

その上、電話の台数が多いほど経理処理も煩雑になるため、ミスが起こりやすくなる心配も。基本的に経理処理には間違いが許されず、経理担当者にとっては神経を使う業務と言えます。

しかし、個人の携帯ではなく法人携帯を利用することによってこの問題は解消できます。社内で同一キャリアが提供する法人携帯を使用すれば、経費計算を一括管理できるからです。端末にかかる費用はそのまま経費に計上できますし、携帯電話を複数契約する際も一つの名義になり、経理処理が非常にスムーズになります。

仮に、社用で法人携帯を使用して一括管理したくても「電話番号を変更するのは面倒」というケースでも大丈夫。モバイルナンバーポータビリティで、他のキャリアに乗り換えする時も電話番号を引き継げます。キャリアによっては、乗り換えの手数料などを負担してくれるキャンペーンを実施している場合も。法人携帯の乗り換えを検討している時は、乗り換えがお得になる方法を選びましょう。

4.法人携帯の導入に関するまとめ

法人携帯を会社で使うと、通信コストの削減はもちろん、業務効率UPや実際に利用している社員の満足度UPに繋がります。特に個人用の携帯電話を社内業務で使っている場合、私的通話と業務に必要な通話との判断がしにくいことから、従業員との間にトラブルが生じることも。

その点、法人携帯に変えれば従業員とのトラブルも回避できるのでおすすめです。さらに、携帯電話の請求を一括管理できるため、計算処理もスムーズになって経理担当者の負担も減ります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です