一括管理できる法人携帯はどのような点でおすすめなの?

一括管理できる法人携帯はどのような点でおすすめなの?

「社員が利用している携帯使用料のコスト削減をしたい」
「もっと効率的に携帯を利用したい」

というような悩みをお持ちではないでしょうか。そのような悩みを持っているのであれば、法人携帯で一括管理をすることがおすすめです。法人携帯で一括管理をすればコスト削減や業務効率化が可能だからです。

それではどのような点でコスト削減や業務効率化ができるのかについて紹介していきますので、法人携帯を導入する際の参考にしてみて下さい。

目次

1.法人携帯にすれば通信コストを大幅に下げられます

法人携帯にすれば通信コストを大幅に下げられます
携帯電話での通話が多い企業であれば、社員が使用している携帯を法人携帯にすることによって、通信コストを大幅に下げることが可能です。社員間の通話が多い企業は特にコスト削減を期待できます。また営業部門が大きく社外への通話が多い企業も法人携帯にすることによって、大きなコスト削減ができるでしょう。

「月々の通話料に波があるけど、プランの見直しが面倒でしていない」「使用台数が多くてプランやオプションの把握が難しい」という悩みはありませんか。これらの悩みは法人携帯を導入することによって解決することができます。法人携帯なら毎月のプラン変更も面倒ではないので、いつでも最適なプランに見直すことができ、無駄なコストを削減することが可能だからです

また法人携帯は使用台数が多くても簡単に携帯電話の管理をしてプランやオプションを一括管理できる便利な機能があります。一括管理によってプランを定期的に見直すことにより、コスト削減にもつながります。

携帯電話の使用頻度や目的は、部署によって違うのではないでしょうか。総務部なら社外通話はあまりしませんが、営業部であれば得意先などに頻繁に連絡するので、社外電話は多いでしょう。このように部署によって使用頻度や目的が異なるので、コストを削減する為には部署別に使用料金を把握できることが大切です。

部署別に使用料金を把握することによって、現在利用しているプラン体系が合っているかどうかを確認することができ、必要があればプランを変更することができるからです。法人携帯では部署ごとに使用料金を把握することができるので、部署別に最適なプランを設定できます。

2.法人携帯なら業務の効率化も可能です

法人携帯なら業務の効率化も可能です
法人携帯を導入して、社員一人ひとりに法人携帯を支給すれば、内線感覚で利用できます。内線感覚で法人携帯を利用すれば、内線が直通化されるのと同じ働きになるので、電話の取り次ぎ作業が不要になります。

電話を取り次いでいた社員は電話を取り次ぐ作業がなくなることによって業務に集中することができますし、連絡をした方も待たされる時間を短縮できるので、法人携帯の導入は業務効率アップにつながるのです。

また法人携帯の導入によって、メールやグループウェアなどで外出先であっても社内情報にアクセスすることが可能になります。メールやグループウェアを利用すれば、部署内のスケジュールやプロジェクトの進捗状況などを社外にいても把握することができるので大変便利です

さらに法人携帯には個人情報漏洩のリスクマネジメントができるというメリットがあります。社員が所有しているプライベートの携帯を仕事で使用してしまうと、取引先の連絡先やメールでのやり取りなどが社員のプライベートの携帯に残ってしまいます。これらの情報が社員のプライベートの携帯に残ってしまうと、社員の退職時などに情報が流出してしまう恐れがあります。

これらの個人情報漏洩のリスクを軽減させるためにも法人携帯を利用するのがおすすめです。法人携帯であれば保管法などを社内ルールで規定することができ、紛失した場合も企業から携帯会社にロックの依頼をすることができます。また社員の退職時に法人携帯であれば返却してもらうことができるので、退職後の個人情報漏洩も防ぐことが可能です

法人名義で一括管理できる法人携帯は、経理作業の効率化にもつながります。個人の携帯を会社利用していたり、部署ごとによって利用している携帯電話会社が異なっていたりすると、経理作業に非常に手間がかかってしまいます。しかし法人携帯にすれば、社員の携帯電話代をプライベート用と業務用に分ける作業などの手間もなくなり、これらに使っていた分の時間を他の経理の仕事に回すことができるのです。

3.まとめ

今回は、法人携帯を利用したコスト削減と業務の効率化について紹介しました。法人携帯を導入すると、プランやオプションを一括管理して簡単に見直すことができるので、コスト削減につながります

また内線感覚で利用できる点や社内情報にアクセスすることが可能な点などによって、業務の効率を上げることができるのです。法人携帯はコスト削減と業務の効率化の両方を行えるので、企業にとってメリットが大きいのではないでしょうか。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です