法人携帯でおすすめのガラケーのプランと会社別の特徴

法人携帯でおすすめのガラケーのプランと会社別の特徴

営業電話や社員同士の連絡をするために仕事専用の携帯電話を使用している企業は少なくありません。法人携帯とも呼ばれるこの携帯は仕事の連絡がメインとなるため、通話のしやすさやバッテリーが長持ちするという理由でガラケーを選択するケースが多いとされています。とはいえ、一口にガラケーといっても携帯会社によってプランや料金が異なるので注意が必要です。

そこで今回は携帯会社ごとの法人向けプランの内容を説明すると共に、それぞれの会社の特徴について解説していきます。

目次

1.各種プランが魅力のソフトバンク

各種プランが魅力のソフトバンク
携帯の大手と呼ばれる3社の中でプランの多さで人気を集めているのがソフトバンクです。そんな豊富なプランの中でも特におすすめとされているのがし放題プランになります。

このし放題プランはソフトバンクが特に力を入れているサービスで、スマ放題であれば自社や他社への連絡はもちろん、固定電話への通話であっても24時間無料となっているのが特徴です。もちろん通話だけでなくインターネットの接続も同様に無料で利用できます。

法人携帯の場合、社員一人ひとりで使用頻度に差が出るケースは少なくありません。そういった場合にも、このプランであればその月に余ったデータ量を社員間でシェアできるのもこのプランの魅力です

このスマ放題にはライトと呼ばれるプランも用意されていて、こちらは5分以内の通話に限って無料になるという内容になります。簡単な業務連絡など短時間の通話がメインとなっている会社であれば、スマ放題ライトのプランの方が月額料金を抑えることができるのでおすすめです。

そのほかにも、固定電話への通話がいつでも無料になる法人契約向けの法人ホワイトプランもあります。
このことからもわかるように、ソフトバンクは無料に特化している会社です。

2.場所を選ばない安定の通話が魅力のドコモ

場所を選ばない安定の通話が魅力のドコモ
法人携帯としてガラケーを利用する上で、選考基準の一つとなる物の一つに電波の安定性があります。取引先とのやり取りや緊急の連絡が必要となった時に電波が不安定では安心して電話を掛けることができません。

大手と呼ばれる携帯会社の中で電波の範囲の広さと安定性に定評がある会社がドコモです。この電波の安定性は日本最大とも呼ばれる通信会社のNTTの通信設備を利用している点が理由として挙げられます。

そんなドコモで取り扱っているプランの中で法人向けとして人気があるのがカケホーダイプランです。こちらは自社製品の携帯はもちろん、ソフトバンクやauといった他者の携帯電話にも無料で通話できる内容となっています。携帯だけでなく固定電話も同様に24時間無料となっているため、社員同士の連絡のやり取りから他社への営業電話まで時間を気にせず通話をできるのが魅力です。

もう一つのおすすめとされているのがビジネスシェアと呼ばれるプランになります。このプランは文字通り毎月の使用で余ったデータ量を他の人とシェアできるのが特徴です。こういったプランは担当する仕事内容によって社員一人ひとりの利用に差が生じやすい法人携帯だからこそ最適なプランと言えます。

3.料金の安さを重視する人向けのau

料金の安さを重視する人向けのau
個人や法人に限らず携帯電話を利用する上で重要となるポイントの一つに基本使用量があります。長く使い続ける以上、少しでも安い料金を求める人は少なくありません。

社員の数に応じて契約する電話の数が増えていく法人携帯では、経費を抑えるためにもこの基本料金は重要なポイントになります。数ある携帯会社の中でも料金の安さで人気となっているのがauです。

法人であれば基本使用料が毎月数十%オフになる契約ができることから、多くの法人携帯が必要となる企業にとってこの点は大きなメリットになります。auのは携帯電話の機能そのものに力を入れているのも特徴の一つです。屋外などで使用する場合に周りの騒音の影響によって相手の声が聞こえづらくなってしまうケースは少なくありません。そんな時もこちらの会社で用意されている通話機能に特化した携帯を利用すれば場所を選ばずに相手の声がクリアーに聴こえます。

ガラケーならではの特徴の一つでもあるバッテリーの持ちも従来の製品より長持ちする商品が多く揃っているのもauならではです。外出先での通話が多い営業マンにとって通話の途中でのバッテリー切れは仕事に大きく影響をしてしまいます。屋外でも相手との会話がスムーズに行えて安心して長時間の通話ができるという利便性がauの魅力です

4.まとめ

今回は日本における携帯会社の大手と呼ばれる3社を中心にご紹介してきました。本文の内容からもわかるように、無料サービスや基本使用料の値下げなど、会社によって力を入れているプランがそれぞれ異なります。

これは個人で使用する場合にも言えることですが、必ずしも利用者が多い物が自分にも合っているというわけではありません。そのため、各会社の特徴をしっかりと理解した上で自身の会社の業務に適した法人携帯を選ぶことが大切になります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です